Conall

ピコ肌再生プログラムSコース【P・ES】

ピコ肌再生プログラムSコース【P・ES】

しみ・肝斑・くすみ改善

特殊なピコ秒レーザー照射により、石のように細かいシミのメラニンやシミ予備軍を砕きます。お肌を傷つけることなく、色の薄いシミのメラニンにも働きかけることで、肝斑やシミ・くすみのない白い肌の再生を目指します。
濃いしみに対する「ピコスポット照射」+くすみ・肝斑に対する「ピコトーニング」+ 肌のハリ・小ジワに作用する「ピコフラクショナル」の治療後に、成長因子をエレクトレポレーションで導入し、さらにSRSマスクでパックする治療です。

こんな症状でお悩みの方

シミ 肝斑 そばかす くすみ

ピコシュアレーザー

ピコシュアレーザーは1兆分の1秒(ピコ秒)という非常に短い時間でレーザーを照射します。
極めて短い時間でレーザーを照射することで、対象となる色素を熱だけでなく、衝撃波を伴う圧で色素を破壊していきます。
その為、従来のレーザー治療が「メラニンをバラバラに壊す」イメージだとすれば、ピコレーザーは「メラニンを粉々に粉砕する」イメージとなります。

この衝撃波は通常のレーザーよりもダウンタイムは低く、安全性、効果ともに高まります。その理由は、これまでのレーザーは熱に変換され熱で破壊する為に熱傷、それに伴うダウンタイムが発生していましたが、ピコシュアレーザーは、熱への変換がそれほど行われず、衝撃波圧により、色素を破壊するため、ダウンタイムも少なく、安全性が大いに高まりました。

また、レーザー光をフラクショナル状にして小さな点状の集合体とすることで非常に高いエネルギーを瞬間的に照射できます。
その際に強い衝撃波やプラズマが発生し、組織が破壊、もしくは線維芽細胞が刺激されてコラーゲンの再構築が生じます。

このように刺青・タトゥーの除去、薄いシミ・肝斑の改善だけでなく、新しいコラーゲンやエラスチンの形成を促す事で、小じわの解消や毛穴の引き締め・くすみの改善・ニキビ痕の改善にも効果を発揮します。
FDA(米国の厚生労働省)に、刺青・シミ・肝斑等の色素性病変、小じわ、ニキビ痕など広い分野でFDA承認を受けています。

施術の流れ

STEP

1

カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。このカウンセリングで、肌質や皮膚の状態をチェックし、各種レーザーの出力を決定します。

STEP

2

クレンジング

パウダールームにて、セルフで洗顔していただきます。メイク落とし・洗顔道具・ヘアバンド・タオルのご用意がございます。

STEP

3

ピコスポット

ピコ秒レーザーを照射することで、石のように固まったシミのメラニンが細かい砂のように砕かれ除去されていきます。熱ではなく、衝撃波を利用するため、照射部位周囲のお肌を傷つけること無く、かさぶたになりにくく、テープの保護も不要です。 (冷却器使用)
※10発まで
※STEP3~5まで計10~15分

STEP

4

ピコトーニング

特殊なピコトーニングレーザー照射により、細かいシミのメラニンやシミ予備軍を熱ではなく衝撃波を用いて、さらに微細に砕きます。お肌を傷つけることなく、肝斑やシミ・くすみのない白い肌の再生を目指します。(冷却器使用)
※全顔

STEP

5

ピコフラクショナル

特殊なピコフラクショナルレーザー照射により、お肌を傷つけることなく真皮のコラーゲン・エラスチン・ムチン産生に働きかけることで、ハリが出て小じわにも作用し、ニキビ痕の凹凸や毛穴の開きのないお肌の再生に働きかけます。(冷却器使用)
※額以外の全顔

STEP

6

エレクトロポレーション導入

痛みを伴わない、針を使わない究極の注入療法です。見えない電気の針で細胞同士の結合をゆるめ、有効成分を肌の奥深くまで浸透させます。(10分)
・当院オリジナルリストアップジェル塗布+高濃度GF(成長因子)液を導入

STEP

7

SRSマスク

火傷や傷を治す、再生治療に用いられる成長因子成分が配合された、保湿・保水作用の高いSRSマスクでパックします。(医療機関限定)更に保冷剤で赤みや炎症も抑えます。(15分)

●ピコレーザーの照射は全て医師が行いますのでご安心ください。
●照射時は冷却器を使用して痛みを緩和しています。
●痛みに弱い方は、麻酔クリームを使用します。(有料)

施術間隔・頻度・費用

 
全体施術 60分
※麻酔を使用した場合は90分
施術間隔 3〜6週間に1回の施術を、約6回が基本となります。
その後は、症状に応じた照射となります。
施術費用 全顔 ¥50,000
※SRSマスク込み
麻酔クリーム(1回) +¥4,000
ピコスポット追加照射(1発)+¥1,100
ピコフラクショナルの全顔(額追加) +¥6,000

※効果には個人差があり、回数は目安となります。
※全て税抜き価格の表記となっています。

注意事項

● 以下の方はこの施術を行えません
光過敏症の方、日光過敏を誘発する薬を内服なさっている方、光によっててんかんが誘発される方、6カ月以内に、経口イソトレチノイン(アキュテイン®)を内服した方、照射予定部位に炎症や傷がある方、全身性炎症性疾患をお持ちの方、悪性黒色腫が疑われるほくろのある方、照射予定部位にヘルペスがある方、金製剤の内服・金の糸による施術等・金関連物質を体内にお持ちの方、妊娠、授乳中の方、1週間以内にボツリヌス治療を行った方

● ダウンタイム
※施術後のダウンタイム等の無い治療になりますが、施術後はお肌が非常にデリケートな状態となっておりますので紫外線対策として必ず、日焼け止めをご使用ください。また、薄い皮膚がはがれるまで、無理にはがしたり、こすったりしないように十分、ご注意ください。
※顔そり及びピーリング作用のある、石鹸、ローション、パックやスクラブ等の刺激の強い化粧品は治療前後、最低3日間はお控えください。
※治療効果を上げて安定・維持させる為に当院推奨のオリジナル化粧品でのホームケアをオススメいたします。
※茶褐色〜黒褐色に見える皮膚が自然にはがれ落ちるまで、こすったり、無理にはがしたりしないようにご注意ください。(通常1週間以内で、はがれ落ちます)
※皮膚不快感、紅斑、腫脹、点状出血、水疱形成、痂皮形成、内出血が発生する可能性がありますが、発生しても通常未処置で軽快します。また、色素沈着、膿疱、熱傷、白斑、色調の悪化、瘢痕、感染、アレルギー反応が起こりえますが、一過性で時間の経過とともに軽快することがほとんどです。ご心配な時は、クリニックまで、お問い合わせ下さい。

<ピコレーザーの治療について>
※この治療は国内未承認の医薬品及び医療機器を用いて施術を行います。
※治療に用いる機器は当院院長の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
※国内の承認医薬品・医療機器はございません。
※安全性に関しての諸外国の情報
アメリカのFDA(米国の厚生労働省)に、刺青・シミ・肝斑等の色素性病変、しわ、ニキビ痕など広い分野で治療効果や安全性に対するFDA承認を受けている唯一のピコレーザーです。