Conall

 

患者さまお一人おひとりに
ベストな美容治療を。

「皮膚科」という医療機関ならではの美容治療を
患者さまにとってベストな内容でご提案いたします。完全予約制

最新の美容治療

医療機関だからできる最新の医療機器と医薬品による美容治療をご提案。

ピコ肌再生プログラムSコース

Pico肌再生プログラムS(ピコシュア医師施術によるスポット+ト―ニング+フラクショナル治療後、エレクトロポレーション(EP)による成長因子の導入+SRSマスクパック)のフルコースです。

詳しく見る

ニキビ痕・ハリ・ツヤ・美白コース

マッサージピール+エレクトロポレーション(EP)によるオリジナルVC10%美容液の導入+LED照射を行います。

詳しく見る

毛穴の黒ずみ・小じわ・瘢痕・妊娠線コース

オートマイクロニードル(クリーム麻酔後にサーモン注射液をダーマペン使用で塗付)後に、さらにエレクトロポレーション(EP)による成長因子の導入+SRSマスクパック+LED照射を行います。

詳しく見る

血液オゾン療法

免疫機能向上・細胞の若返り・活性酸素除去・老化予防 血液オゾン療法は50年以上前にドイツで開発され、ヨーロッパでは広く知れ渡っている血液の浄化療法です。

詳しく見る

お悩み別メニュー

お肌の専門医として美容的なお肌のトラブルに最善を尽くして治療をいたします。

最新のピコ秒レーザー機器を使用し、「石」のように固まったシミのメラニンを、熱ではなく衝撃波を用いて「細かい砂」のように砕きます。お肌を傷つけることなく、肝斑やシミ・くすみのない白い肌の再生を目指します。
詳しく見る
表皮を傷めることなく、真皮を刺激することができる医療用の特殊なピーリング液剤を使い、凹んでしまった表面をリセットし、真皮をボリュームアップさせて肌にハリをもたらせます。
詳しく見る
オートマイクロニードル(コラーゲン誘発)療法により、経皮コラーゲンが誘導される事で、ニキビ痕・クレーターがきれいになり、毛穴が縮小していきます。
詳しく見る

光と高周波を組み合わせた美肌治療器によりメラニン色素や不要な毛細血管が破壊され淡いシミや赤みなどが改善されます。

詳しく見る
血液中に直接、各種の栄養素を投与するのが注射・点滴療法です。大量に、確実に、必要量の栄養素を体に取り入れることができ、その作用を最大限に発揮させることができます。
詳しく見る

高酸素カプセルは体内の「溶解型酸素」を増加させることで、酸素不足に陥った全身の細胞に十分な酸素を供給し、健康や美容、若返りを促進します。

詳しく見る

最新の治療機器「APL光治療」を用いて、今までのレーザー光治療では難しかった細い毛や日焼け肌に対しても効果的な脱毛治療を安全に行うことが可能となりました。

詳しく見る

当院オリジナルの抜け毛・育毛に対する治療をご用意しています。抜け毛を減らし、発毛を促進する医療用LED(発光ダイオード)を照射し、さらに治療中に育毛点滴も可能です。

詳しく見る

当院について

患者さまの肌状態に合った「最善の美容治療」を、患者さまとご一緒に相談の上、提供しております。

美容皮膚科の治療現場では、一度で全てを改善できる“魔法の治療”はございません。

先ず、スタッフによる簡単なカウンセリング後、皮膚科医が直接患者さまのお肌の状態を診察し、最適と思われる治療やスキンケアを選択させて頂きます。そして、患者様と共に設定した治療目標に向かって、医師、当院スタッフがそばで寄り添い、患者さまの力となり、地道に治療、ケアをサポートして参ります。

治療期間中(特に効果の実感が現れるまでの初期)におきましては、途中で不安や自信を無くす患者さまも時におられますが、常にその時点でベストと考える治療を継続しながら、更にご自宅での「正しく相乗効果を生むスキンケア」指導まで行っておりますので、希望を失うこと無く治療を継続できます。ほんの些細な事でも、お肌に関するお悩みがございましたら、気軽にご相談下さい。

(実年齢―10)歳の若々しい肌、トラブルのない輝く『美肌』を維持できるよう、「美肌のTルーム」にて、可能な限り親身にアドバイスさせて頂きます。

『美肌作り』は医師、スタッフが患者さまと一体になり積み上げ続けた「治療+ホームケア」によって、はじめて頑強に構築できると言えます。

当院では2003年の開院以来18年の美容治療実績をもとに、これからも、患者様に無理なく、安心して受け続けて頂ける質の高い「美容治療」をご提供して参ります。

患者様お一人おひとりと真剣に向き合い、様々な肌トラブルの解消をお手伝いできますよう、最善の治療方法や美容アイテムを取り入れ、スタッフ一同『美肌のTルーム』にてお待ちしておりますので、何卒宜しくお願い致します。

2020年1月 院長

武田 修
院長 武田 修